読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんちゃんのキチップログ

チップの日常をブログに残そうの巻 西野カナ/旅/バイク/カメラ/キャンプ/ブッシュクラフト/星 などなど

ついに購入!!!!

こんばんは

夜分遅くに失礼します

 

さて昨日、今日と立て続けにあるものが家に届きましたよ

 

ででーん

f:id:taiyo907:20170120004239j:plain

 

はい、一眼レフのレンズでございます!!!!

 

左から

TAMRONタムロン) 28-300mm f3.5-6.3 XR Di VC LD(モデルA20)

SIGMA(シグマ) 17-50mm f2.8 EX DC OS

ですっ!!!

 

気になる価格ですが

TAMRON

参考価格 ¥84,000

→中古 ¥18,600

SIGMA

参考価格 ¥89,424

カメラのキタムラ ¥27,000

 

なかなかいい買い物できたのではないでしょうか

 

ちなみに持っていたCanon純正の18-55mmと55-250mmは手放し、下取りに出したところ2本で¥13,000ほどで買い取ってもらえました

意外といい値ついたぁ

 

早速感想を述べていきたいと思います。

まずはこちらSIGMA17-50mm

f:id:taiyo907:20170120005912j:plain

(撮影:TAMRONレンズ)

 

まずこのレンズ何がいいかって非常に明るいところ!!!

 

カメラにはF値というのがありまして、この値で写真の明るさが決まります

(正確には露光時間、iso感度も関係します)

このF値の値が低いほど明るく、よくボケる写真となるわけです。

 

僕は今まで18-55mmのレンズを使っていたのですがF値が3.5-5.6でした。

これは1番引きで撮った18mmの時は3.5で、1番ズームした55mmの時は5.6ということです。

対してこのSIGMAのレンズのF値は2.8です。

これは17-50mmどこで撮ってもF値が変わらず2.8通しということになります。

すなわち、とにかく明るい安村レンズってわけです‼‼‼

 

このレンズはあの大物ユーチューバー瀬戸弘司さんも絶賛されており、巷では”神レンズ”の名で知られています

あとかなり寄ってもピントをあわせてくれるんですよねー

 

そして何よりごつくてかっちょええ!!!

 

ちょっと気になる点としては

・AF時に「カカカカ」っていう音が大きくて動画を撮るのには向いてないこと

・かなりの重量感や大きさで持ち運びには少し向いてないかもと感じるところ

それくらいですね

でもそれを加味した上でも神レンズと言われるくらいキレのいいレンズなんです

たしかにキレイだった…(笑)

 

手持ちのEOS kiss x7i につけるとこの迫力!!

f:id:taiyo907:20170120012935j:plain

 

これからヘビーローテーション確実です

 

 

お次にTAMRONのレンズ

f:id:taiyo907:20170120012543j:plain

(撮影:SIGMAのレンズ)

ってかSIGMA画質ええ!!!!

 

このレンズ、なんと28-300mmとかなりの幅をカバーしてくれる優れもの!!

AFもバッチリ決まってます!!

これよりも新しいモデルA005と迷ったんだけど28mmからカバーしてくれるところと、A20 にも手振れ補正機能がついていることから古いけどこのモデルにしました

 

このレンズの気になるところ

・撮影時に変な音がする

・なんかレンズが曇る

というところですかね

ほんとなんか嫌な”ウィ~ン”って音がする…

怖い…(笑)

あとしばらく使っているとレンズとフィルターの間が曇ってくる…

怖い…

まあかなり古いモデルで中古だったからそのへんは想定内!

ということで満足です

 

 

今回は2つのレンズを売って新たに2つ購入したけどかなりいい買い物ができたんじゃないでしょうか

今思うとCanon純正片方残しておけばよかったななんても思うけど

神レンズも手に入ったしいいこととしよう。

 

これからがまた楽しみだ

 

 

ぬん!